森林生物 ハヤシミドリシジミ


和名:ハヤシミドリシジミ
学名:Favonius ultramarinus
    チョウ目,シジミチョウ科
分布:北海道・本州・九州
 
写真(上):ハヤシミドリシジミ雄
写真(下):ハヤシミドリシジミ雌
ハヤシミドリシジミ雄
説明
高原のカシワの疎林に多く生息する。食樹はブナ科のカシワ。本種に限らずカシワを食樹とする種では,生息地の林が伐採されることが多いため,カシワ林の保護が急務である。卵で越冬する。成虫は年1回,6〜7月に出現し,早朝と夕刻に活動する。オスは占有活動を行う。クリやオカトラノオなどをよく訪花する。卵は,芽の近く,枝,樹幹など様々な部位に産まれる。
ハヤシミドリシジミ雌

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ