森林生物 ハラビロカマキリ


和名:ハラビロカマキリ
学名:Hierodula patellifera
    カマキリ目,カマキリ科
分布:本州,四国,九州,対馬,南西諸島
 
写真(上):ハラビロカマキリ幼虫
写真(下):ハラビロカマキリ雌成虫と卵塊
ハラビロカマキリ幼虫
説明
体長は約50〜70mm。樹上性の種で,林内や林縁,林道沿いで多く見かける。体色には緑色型と褐色型の二型あるが,褐色型は少ない。前翅の両側に白い斑紋がある。他のカマキリに比べて体幅が広い。年1化(沖縄では年2化)で成虫は夏から秋に出現する。幼虫は腹部の末端を上方に持ち上げたポーズをとる。卵塊は表面が滑らかな緑茶色で,樹木の枝や幹に産みつけられる。幼虫から成虫まで典型的な捕食性昆虫である。
ハラビロカマキリ雌成虫と卵塊

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ