森林生物 ヒサマツミドリシジミ


和名:ヒサマツミドリシジミ
学名:Chrysozephyrus hisamatsuanus
    チョウ目,シジミチョウ科
分布:本州(中〜南西部)・四国・九州
 
写真(上):ヒサマツミドリシジミ雄裏
ヒサマツミドリシジミ雄裏
説明
暖地では照葉樹の原生林,本州中部などでは落葉・常緑の混交林に生息する。食樹はブナ科のウラジロガシ,アラカシなど。卵で越冬する。成虫は年1回,6月を中心に出現し,主に午後〜夕刻に活動する。オスは占有活動を行う。裏面の白帯に特徴があり,近縁種では肛角部でW字状になるが,本種ではV字状。卵は芽の基部などに1卵ずつ産まれる。産卵は秋に行われる。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ