森林生物 ヒノキ暗色枝枯病


和名:ヒノキ暗色枝枯病
学名:(病原菌)Botryosphaeria sp.
    
分布:
 
写真(上):枯れ上がり症状
写真(下):病原菌の子のう殻(胞子の入れ物)。内部の袋状のものが子のうで,その中に8個の子のう胞子が形成される。
枯れ上がり症状
説明
病原菌はスギ・ヒノキ暗色枝枯病菌Guignardia cryptomeriaeとは別で,ヒノキにのみ発生する。乾燥に伴って集団的な,下枝からの枯れ上がり,枯損被害を起こす。しばしばG. cryptomeriaeによるスギ・ヒノキ暗色枝枯病と同じ林分に発生する。主に成木に発生するが,幼齢木に認められる場合もある。病原は糸状菌の一種で子のう菌に属するが,不完全世代は見つかっていない。枝枯部に子のう殻を形成し,大型の子のう胞子を生じる。
病原菌の子のう殻(胞子の入れ物)。内部の袋状のものが子のうで,その中に8個の子のう胞子が形成される。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ