森林生物 ヒノキ樹脂胴枯病


和名:ヒノキ樹脂胴枯病
学名:(病原菌)Seiridium unicorne (Cooke et Ellis) Sutton
    
分布:被害は関東以西のマツ枯損跡造林地に多い。
 
写真(上):枝からの樹脂
写真(下):病原菌の分生子
枝からの樹脂
説明
ヒノキ,ネズミサシ,サワラ,エンピツビャクシン,ニオイヒバ,コノテガシワ,ローソンヒノキなど多くのヒノキ科の樹木に発生する。病原は糸状菌の一種で不完全菌類に属する。幼齢木や壮齢木の枝先など齢の低い部位に発生する。樹皮に壊死病斑が形成され,樹脂を流出する。枝枯,葉枯症状を呈することも多い。病患部上に分生子(胞子)層を散生する。伝染は分生子によるが,降雨によって伝搬し,伝搬距離は短い。材内に小さなシミが多数できるほか,激害木では葉枯,枝枯によって成長が著しく悪くなる。薬剤防除も可能であるが,伝染距離が短いので伝染源の除去,病枝の剪定,伝染源のそばに植栽しないことが有効な防除法である。林地ではヒノキの成木あるいは自生のネズミサシ,苗畑では生け垣が伝染源となる。
病原菌の分生子

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ