森林生物 ヒメスズメバチ


和名:ヒメスズメバチ
学名:Vespa ducalis Smith, 1858
    ハチ目,スズメバチ科
分布:本州,四国,九州,対馬,石垣島,西表島
 
写真(上):左から女王,働きバチ,オス
写真(下):鳥の巣箱の中につくられた初期巣
左から女王,働きバチ,オス
説明
女王の体長24〜37mm。働きバチは平均的には女王より小さいが,しばしば中間的な大きさのものが見られ,外形だけの区別は困難なことが多い。日本産スズメバチ属の中では最も小規模な巣を作る。人に対する攻撃性も弱い。最大の特徴は,餌としてアシナガバチ属やホソアシナガバチ属の巣を,ほぼ専門的に襲うことである。本州以南のアシナガバチにとっては,本種は最大の天敵といえる。営巣開始は一般に6月以降,働きバチは7月下旬ころ羽化し,9月には営巣を終える。すなわち他のスズメバチより営巣開始が遅く,巣の解散は早い。これはアシナガバチの営巣期間に合わせるためと言われる。営巣規模は小さく,育室数は通常300以下。
本種はかつてVespa tropicaとされてきたが,現在ではtropicaは熱帯アジアに分布する別種とされている。ducalistropicaは巣の規模その他の生活史に関しても大きな違いがある。
鳥の巣箱の中につくられた初期巣

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ