森林生物 フタモンアシナガバチ


和名:フタモンアシナガバチ
学名:Polistes chinensis
    ハチ目,スズメバチ科
分布:北海道(渡島半島以南),本州,佐渡,四国,九州,対馬,屋久島,沖縄
 
写真(上):フタモンアシナガ成虫(左雌,右雄)
写真(下):フタモンアシナガ巣
フタモンアシナガ成虫(左雌,右雄)
説明
体長は約12〜18mm。体色は黒色で黄色の縞模様がある。腹部第2節に黄色の円紋が2個あるのが和名の由来。セグロアシナガバチとともに人家付近では最も普通にみられる。人家の軒下や壁面に営巣するが,山地では樹木の細枝に営巣する。最盛期の働きバチ数は最大で約100匹である。繭のふたの色は白色。沖縄産の個体は黄色斑紋が発達しており,林縁や林内などに営巣するが個体数は少ない。
フタモンアシナガ巣

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ