森林生物 ミズイロオナガシジミ


和名:ミズイロオナガシジミ
学名:Antigius attilia
    チョウ目,シジミチョウ科
分布:北海道・本州・四国・九州・対馬
 
写真(上):ミズイロオナガシジミ表
写真(下):ミズイロオナガシジミ裏
ミズイロオナガシジミ表
説明
暖温帯〜冷温帯の落葉樹林に生息し,ミドリシジミ族の中で平地の雑木林にもっとも多い種。食樹としてブナ科のコナラやクヌギなどの落葉樹の他,常緑のコナラ属も利用する。卵で越冬する。成虫は年1回,6〜7月に出現し,早朝と夕刻に活発に活動する。訪花習性は弱いが,樹液に飛来することがある。卵は,芽の基部から樹幹にいたる様々な部位に産まれる。
ミズイロオナガシジミ裏

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ