森林生物 ムモンアカシジミ


和名:ムモンアカシジミ
学名:Shirozua jonasi
    チョウ目,シジミチョウ科
分布:北海道・本州・対馬
 
写真(上):ムモンアカシジミ表
写真(下):ムモンアカシジミ裏
ムモンアカシジミ表
説明
冷温帯〜暖温帯上部の人里近くの雑木林に多い。食餌はアブラムシやカイガラムシ類の分泌物とクヌギ・コナラ・ミズナラなどのブナ科。中齢以降はアブラムシやカイガラムシを捕食することが多い。卵で越冬する。成虫は年1回,7〜8月に出現し,午後〜夕刻に活動する。日中にヒメジョオンなどを訪花することも多い。発生場所がかなり局地的で1〜数本の樹に依存しているような場合も多いため,宅地造成などの犠牲になりやすい。卵は,樹幹部の凹みや枝との分岐部などで,クサアリ類の通路になっている場所に産まれる。孵化時にはアリが触角で卵をたたくなど,アリとの関係が特に密接。
ムモンアカシジミ裏

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ