森林生物 リュウキュウアカガエル


和名:リュウキュウアカガエル
学名:Rana okinawana
    カエル目
分布:奄美諸島・沖縄諸島の固有種。
 
写真(上):リュウキュウアカガエル成体
写真(下):リュウキュウアカガエル卵
リュウキュウアカガエル成体
説明
森林の林床に見られる。奄美では個体数が多く,あちこちの水たまりに産卵しているのが見られるが,沖縄本島では,山の高いところに多く,里には少ない。これらの地域で最も寒い時期(12月など)に繁殖する。成体は林床に生息し,林外で見る事はまれ。区別点:同所的に生息するアカガエル類はいないので区別に困ることはない。鳴き声:キャッキャッと鳴くが,小さい。
リュウキュウアカガエル卵

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ