森林生物 リュウキュウマツ漏脂胴枯病


和名:リュウキュウマツ漏脂胴枯病
学名:(病原菌)Furarium subglutinans (Wollenw. et Reinking) Nelson, Toussoun et Marasas f. sp. Pini
    
分布:鹿児島(奄美大島),沖縄県
 
写真(上):傷口から樹脂が垂れだした初期症状(米国テーダマツでの被害)
写真(下):樹幹部の激害症状(米国テーダマツでの被害)
傷口から樹脂が垂れだした初期症状(米国テーダマツでの被害)
説明
枝の分岐部や他の原因でできた傷口から樹脂を漏出し,胴枯,溝腐症状になる。内需皮の部分には樹脂が充満している。樹脂は乾くと黄色になる。球果も侵すが,枝幹部の被害は何らかの傷から感染を起こすと考えられる。奄美以南のリュウキュウマツで問題になっているが,アカマツ,クロマツでの発生報告はまだない。最近,韓国で発生したとの情報もあり,今後充分な警戒が必要とされる病害である。菌は北米原産と考えられる。
樹幹部の激害症状(米国テーダマツでの被害)

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ