森林生物 五葉松類発疹さび病


和名:五葉松類発疹さび病
学名:(病原菌)Cronartium ribicola Fischer
    
分布:北海道,本州中部以北
 
写真(上):ストローブマツの樹幹に発生したさび胞子堆
写真(下):ハイマツに発生したさび胞子堆
ストローブマツの樹幹に発生したさび胞子堆
説明
世界3大樹木病害の一つに数えられる有名な病害であり,北米では五葉松産地で脅威となっている。しかし日本では,過去に北海道のストローブマツ造林地で大発生した以外には被害としては問題になっていない。それは,本菌は東アジア原産で,日本の五葉松類が本病に対して抵抗性を持っているためであり,菌の発生は本州中部山岳地帯,北海道のハイマツでかなり普通に見ることができ,ハイマツの枝枯れを起こす。病原菌は中間宿主を必要とし,マツの枝・幹にはさび胞子世代が,中間宿主のスグリ,シオガマギク類には夏胞子・冬胞子世代が形成される。遺伝的に中間宿主を必要としない特殊な系統も,東北地方,北海道には存在し,異なった属であるEndocronartium属菌として扱われている。
ハイマツに発生したさび胞子堆

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ