森林生物 白きょう病菌,黄きょう病菌


和名:白きょう病菌,黄きょう病菌
学名:Beauveria bassiana
    
分布:全世界
 
写真(上):Beauveria bassiana に感染したマツノマダラカミキリ成虫
写真(下):Beauveria bassianaの分生子形成構造
Beauveria bassiana に感染したマツノマダラカミキリ成虫
説明
硬化病菌類の一種。ごく普通種で,寄主は主に鱗翅目,鞘翅目および半翅目であるが,双翅目や膜翅目に感染するものもあり,その寄主範囲は広い。カイコの重要な病原菌にもなっている。また,マツカレハなどに流行病を引き起こすこともある。寄主の体表に白から淡黄色の分生子を形成するので,白きょう病または黄きょう病と呼ばれる。分生子は亜球形(2〜3×2.0〜2.5μm)。多くの系統があり,病原力や,寄主範囲,肉眼的な分生子の色などが異なる。本菌は各国で害虫の微生物的防除に用いられており,我が国でも本菌をマツノザイセンチュウのベクターであるマツノマダラカミキリの防除に用いるための研究が進められている。
Beauveria bassianaの分生子形成構造

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ