森林生物 ヤマドリ


和名:ヤマドリ
学名:Phasianus soemmerringii
    キジ目,キジ科
分布:本州,四国,九州
 
写真(上):ヤマドリ成鳥
ヤマドリ成鳥
説明
 日本固有種で,5亜種に分けられている。オスは全身が赤銅色であり,古来,和歌にも詠われている特徴的に長い尾羽を有する。メスはキジのメスよりやや濃い赤褐色を持ち,オスのような長い尾を持たない。古くから狩猟鳥として親しまれてきていたが,1970年代から捕獲個体数が激減し,とくに減少の著しいコシジロヤマドリ(南九州に分布する)は,1969年から狩猟禁止となり,さらに1975年には,全国でメスヤマドリが狩猟禁止になった。繁殖期等には,羽を打ちならす特徴的な行動(ドラミング,ほろ打ちとも言う)を示すが,通常は林床域を主な生息地とするために観察が困難で,一夫多妻といわれる婚姻形態もはっきりわかっていない。4〜5月に7〜10個の卵を産卵する。ふ化したヒナはすぐに移動可能で,メス親のあとについて行動する。一般に,早朝と夕刻に沢におりて水を飲み,日中は斜面や尾根で採餌,休息すると言われているが,個体によって日周活動が異なることが明らかになっている。また,狩猟個体数減少を受けて,各地で養殖個体の放鳥事業が行われているが,その効果についての資料はほとんど得られていない。さらに,近年イヌワシ,クマタカといった森林性大型猛禽類の主要な餌動物としてその位置が重要視されてきている。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ