森林生物 マツアカマダラメイガ


和名:マツアカマダラメイガ
学名:Dioryctria pryeri Ragonot, 1893
    チョウ目,メイガ科
分布:北海道南部,東北,関東,北陸,近畿,九州
 
写真(上):マツアカマダラメイガ成虫
マツアカマダラメイガ成虫
説明
成虫は開張22〜25mm。海岸のクロマツ林で多い。成虫は7月に羽化。孵化幼虫は球果や新梢に穿入し加害する。被害球果は枯死。新梢に加害した幼虫は樹脂を漏出させドーム状の構造を作る。老熟幼虫は5〜6月に加害部から脱出し,主に地上で蛹化することが多い。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ