森林生物 マツアトキハマキ


和名:マツアトキハマキ
学名:Archips oporanus (Linnaeus, 1758)
    チョウ目,ハマキガ科
分布:旧北区
 
写真(上):マツアトキハマキ成虫
マツアトキハマキ成虫
説明
成虫は開張19〜22mm(オス)。メスはやや大きい。幼虫がモミ属,トウヒ属,マツ属などを主に加害。またトドマツ幼齢造林地で多く,新梢部の針葉に糸を張り,トンネルを造りながら加害する。本州では年2化,北海道では通常1化。1化の場合,2〜4齢で越冬し,4月に摂食開始し,5〜7月に蛹化,6〜8月に羽化する。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ