森林生物 カラマツマダラメイガ


和名:カラマツマダラメイガ
学名:Cryptoblabes loxiella Ragonot, 1887
    チョウ目,ハマキガ科
分布:北海道,本州,インドなど
 
写真(上):カラマツマダラメイガ成虫
カラマツマダラメイガ成虫
説明
成虫の体長は18〜22mm。幼虫が主にカラマツ針葉や球果を食害するが,ナラ,ウルシ等も食べる。幼虫は粗皮の割れ目等で越冬。成虫羽化は5月下旬〜7月上旬。針葉を合わせたなかに産卵する。孵化幼虫は当初群棲し,のちに分散する。しばしば大発生する。発生が多ければ,若齢幼虫に対するくん煙剤,DEP,NACなどが有効。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ