森林生物 オナガキバチ


和名:オナガキバチ
学名:Xeris spectrum spectrum Linnaeus
    ハチ目,キバチ科
分布:沖縄県を除く日本全土,台湾
 
写真(上):オナガキバチ雌成虫
写真(下):オナガキバチ雄成虫
オナガキバチ雌成虫
説明
加害種は広くスギ,ヒノキ,サワラ,アカマツ,クロマツ,モミ,トドマツ,エゾマツ等である。雌成虫は体長13〜30mm(産卵管を除く),体色はほぼ黒色で,脚の基節を除く部分と産卵管と基半が黄色である。雄は体長10〜25mmで体色は雌とほぼ同じだが,脚はは大部分が黒色である。幼虫は円筒型,乳白色をしており老熟幼虫で体長約17mmである。1年で1世代が普通であるが,2年,3年を要するものもある。成虫は4月中旬から9月下旬までの長期にわたり出現する。対象木の樹幹に産卵管を挿入し,1産卵孔に2〜3個を産む。孵化幼虫は木部に坑道をほり成長する。本種はAmylostereum属の共生菌を保持していないので,材内に変色を生じない。
オナガキバチ雄成虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ