森林生物 センノキカミキリ


和名:センノキカミキリ
学名:Acalolepta luxuriosa (Bates)
    コウチュウ目,カミキリムシ科
分布:日本全土
 
写真(上):センノキカミキリ成虫
写真(下):センノキカミキリ幼虫
センノキカミキリ成虫
説明
成虫は体長20〜36mm,成熟幼虫は約50mm。幼虫がセンノキ,タラノキ等の生立木や衰弱木を食害する。1年1回の発生で成虫は6〜8月に出現し,樹皮や葉柄などを後食する。老熟幼虫で越冬し,翌年の春に蛹化・羽化脱出する。幼齢木では食害部から折損することがあり,材の劣化につながる。また,樹皮下の食害で枯損する場合もある。農作物の栽培ウドの茎内を食害して枯死させた事例がある。
センノキカミキリ幼虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ