森林生物 サムライアリ


和名:サムライアリ
学名:Polyergus samurai Yano
    ハチ目 アリ科Formicidae
分布:北海道,本州,四国,九州
 
写真(上):サムライアリの女王の頭部
写真(下):クロヤマアリの頭部
サムライアリの女王の頭部
説明
奴隷狩りをする社会寄生種。体長7ミリほどで黒色。奴隷にされるクロヤマアリとは近縁種で両者の形態は良く似るが,クロヤマアリの大あご(写真(下))は三角で内側にギザギザがついているのに対し,サムライアリの大あご(写真(上))は細い鎌状でギザギザも目立たないので手にとって見れば簡単に識別できる。夏の午後,幅数十センチの大行列をつくってクロヤマアリの巣を襲い,主に蛹を狩る。本研究所の敷地内にも多数のコロニーがあり,シーズンになると狩りの行列をよく見かける。行ったり来たりする普通のアリの行列と違って,一斉に手ぶらでクロヤマアリの巣に押しかけていき,一斉に略奪した蛹をくわえて自巣に戻っていく。サムライアリの働きアリは奴隷狩り以外の労働はほとんどせず,エサ探しや育児は奴隷とされたクロヤマアリが担うことになる。蛹のうちに狩られたクロヤマアリはサムライアリの巣を自分の巣と認識してしまうため,無理矢理働かされているわけではなく自発的に働いてしまうのである。
クロヤマアリの頭部

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ