森林生物 ヤドリクロスズメバチ


和名:ヤドリクロスズメバチ
学名:Vespula austriaca Panzer, 1799
    ハチ目,スズメバチ科
分布:北海道,本州
 
写真(上):女王(左),オス(右)
女王(左),オス(右)
説明
女王の体長16-18mm(写真上)。ツヤクロスズメバチに寄生する。数はあまり多くない。絶対的社会寄生種で,新女王は春,寄主の女王より遅く出現し,働きバチを出して間もない寄主の巣を探して侵入し,その働きバチに自らの生殖個体を育てさせる。
和名は「ヤドリスズメバチ」とされることもある。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ