森林生物 シロオビホオナガスズメバチ


和名:シロオビホオナガスズメバチ
学名:Dolichovespula pacifica (Birula,1930)
    ハチ目,スズメバチ科
分布:北海道,本州,四国
 
写真(上):左から女王,働きばち,オス
左から女王,働きばち,オス
説明
女王の体長16ー18mm,働きバチ11-14mm(写真上)。形態はニッポンホオナガスズメバチに酷似するが,ほおの長さ(複眼下端と大顎上端との距離)がより長く,頭盾の黒班が下端で大きくくびれないなどの点で異なる。日本ではおもに山地に生息するが,生活史の情報は非常に少ない。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ