森林生物 オオミノガ


和名:オオミノガ
学名:Eumeta japonica Heylaerts
    チョウ目,ミノガ科
分布:本州,四国,九州,対馬,屋久島,沖縄本島,宮古島,石垣島,西表島,台湾,中国大陸
 
写真(上):ミノ内の幼虫(クスノキ)
ミノ内の幼虫(クスノキ)
説明
終齢幼虫は体長35〜50mm,長さ50mmほどの大きな蓑を作って中に生息。成虫は雄は開長30〜42mmの褐色の蛾だが,雌は体長は30mmほどの脚と翅のない蛆状で蓑の中から出ないまま交尾,産卵する。食樹は雑食性で柑橘,チャ,サクラなど各種の樹木を加害。年1化で,成虫は5月下旬〜8月に羽化,幼虫は6月以降に出現し蓑の中で越冬,4〜6月に蓑内で蛹化。防除は捕殺の他,MEP,合成ピレスロイド剤などが有効だが,近年,南アジア原産のオオミノガヤドリバエ(Nealsomyai rufella)が侵入して急激に増殖し,西日本では絶滅に近いほど激減しているところもある。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ