森林生物 オビカレハ


和名:オビカレハ
学名:Malacosoma neustria testacea Motschulsky
    チョウ目,カレハガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,済州島,朝鮮。原種はヨーロッパ,アムール,シベリア。
 
写真(上):幼虫の集団(モモ)
幼虫の集団(モモ)
説明
成虫は開長,雄30〜35mm,雌40〜45mm,黄褐色で,前翅中央に濃色帯のある蛾。終齢幼虫は60mmほどの毛虫で,全身青色で背面にオレンジ色の線が2本ある。梅毛虫,天幕毛虫などとも呼ばれる。年1化で成虫は5月下旬から6月に羽化,食樹の小枝にバンド状の卵塊を産む。卵越冬し,3〜4月に孵化。幼虫は4齢までテント状の巣を作って群生,その後は分散する。5〜6月に食樹上などに黄色い粉を吹いた繭を作って蛹化。食樹はウメ,サクラ,モモ,リンゴ,バラなど。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ