森林生物 スギドクガ


和名:スギドクガ
学名:Calliteara argentata Butler
    チョウ目,ドクガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島,旧北区
 
写真(上):スギドクガの幼虫
スギドクガの幼虫
説明
成虫は開長,雄42〜46mm,雌44〜65mmで灰褐色に細かな黒い斑紋をもつ蛾。終齢幼虫は,体長40〜45mm,鮮緑色または黄緑色に太い白線,背面の瘤から赤褐色の毛束が生じる。通常年2化で,成虫は5〜6月と8〜9月に発生。越冬は葉上の薄い繭内で幼虫のまま行う。食樹はスギ,ヒノキ,ヒマラヤシーダー,イブキなど。新葉より旧葉を好み,樹冠内部の被害が多い。被害程度が大きい場合は枯死する。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ