森林生物 ドクガ


和名:ドクガ
学名:Euproctis subflava Bremer
    チョウ目,ドクガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,東南シベリア,朝鮮半島,中国大陸
 
写真(上):ドクガの幼虫
ドクガの幼虫
説明
成虫は開長,雄25〜33mm,雌37〜42mmで黄色に褐色の帯状斑をもつ蛾。終齢幼虫は,体長約40mm,黒色で側面と背面にオレンジ色の斑紋がある。年1化,成虫は6〜7月頃発生,幼虫は夏にふ化して集団で摂食,10齢内外を経過して落葉下などで越冬,翌年4月頃から再び新芽を食害し,13〜17齢で老熟して単独生活をする。食樹はサクラ,ウメ,バラ,クヌギ,カキなど多種にわたる。毒針毛をもち,触れると発疹と激しいかゆみを起こす。幼虫の毒針毛は脱皮殻,繭,蛹,成虫,卵にも付着しており,これらに触れることも危険であるとともに,灯火に飛来した成虫がまき散らした毛でも被害が起こる。本種による食害は5〜6月頃が多いが,食葉性害虫である以上に衛生害虫としての問題の方が大きい。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ