森林生物 エノキトガリタマバエ


和名:エノキトガリタマバエ
学名:Celticecis japonica Yukawa et Tsuda
    ハエ目,タマバエ科
分布:本州・四国・九州
 
写真(上):葉裏に形成されたエノキトガリタマバエの虫こぶ(エノキハトガリタマフシ)
写真(下):虫こぶ内のエノキトガリタマバエ幼虫
葉裏に形成されたエノキトガリタマバエの虫こぶ(エノキハトガリタマフシ)
説明
成虫の体長は約4mm。エノキやエゾエノキの葉や葉柄,新梢などに円錐形の虫こぶ(エノキハトガリタマフシ)を形成する。虫こぶの最大直径は2〜5mm,高さは3〜10mmであり,各々の虫こぶには幼虫が1匹ずつ入っている。年1世代で,成虫は3〜4月に羽化し,エノキの新芽付近に産卵する。5月下旬頃までに幼虫と虫こぶは成熟し,成熟した虫こぶは落下する。幼虫は地上に落下した虫こぶの中で翌春まで過ごして蛹になる。各地で最も普通に見られる虫こぶの一つである。
虫こぶ内のエノキトガリタマバエ幼虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ