森林生物 カメノコロウムシ


和名:カメノコロウムシ
学名:Ceroplastes japonicus Green Green
    ヨコバイ目,カタカイガラムシ科
分布:本州,四国,九州,奄美大島,朝鮮半島
 
写真(上):カメノコロウムシ(シャリンバイ)
カメノコロウムシ(シャリンバイ)
説明
雌成虫は楕円形で白色のロウ物質におおわれ,径約4mm,表面は六角形亀の甲状の浅い溝,周囲に8個の小さなへこみ。マサキ,モッコク,シャリンバイ,ヒサカキ等。葉にも寄生する。年1回,雌成虫で越冬,5-6月に産卵,6-7月に孵化し始めは葉の中肋に沿って寄生,次第に支脈に移動,秋には枝や幹へ移る。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ