森林生物 ビャクシンカミキリ


和名:ビャクシンカミキリ
学名:Semanotus bifasciatus bifasciatus Motschulsky
    コウチュウ目,カミキリムシ科
分布:北海道,本州;朝鮮半島,中国,台湾
 
写真(上):ビャクシンカミキリ成虫
写真(下):ビャクシンカミキリ終齢幼虫
ビャクシンカミキリ成虫
説明
成虫は体長7〜18mm。成虫は3〜5月にかけて出現し,ヒノキ科の伐採木上で活動する。分布は局所的であり,採集記録が限られている。上翅の色彩には変異があり,この写真の成虫は2本の黄白色の横帯を持つが,このような紋が無く一面が黒化している個体もいる。ヒノキ,アスナロ,ヒバ,コノテガシワ,イブキ,スギが食樹であり,特にヒノキ科の針葉樹を好む。
ビャクシンカミキリ終齢幼虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ