森林生物 トビモンオオエダシャク


和名:トビモンオオエダシャク
学名:Biston robustus robustus Butler
    チョウ目,シャクガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島,朝鮮半島,中国北東部
 
写真(上):トビモンオオエダシャク成虫
写真(下):トビモンオオエダシャク幼虫(サクラ)
トビモンオオエダシャク成虫
説明
成虫の開張50-70mm。雌成虫は灰色,雄は茶褐色。幼虫は75〜90mmで,頭部が角状に突き出る。サクラ,ミズキ,ツバキ,リンゴ,クヌギ,チャなどの葉を食害する。ときどき伊豆大島で大発生し,ツバキの葉を食い荒らし,大きな被害を与える。年1化で成虫は3〜4月に発生し,樹皮などに卵塊を生む。
トビモンオオエダシャク幼虫(サクラ)

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ