森林生物 クロシタアオイラガ


和名:クロシタアオイラガ
学名:Parasa sinica Moore
    チョウ目,イラガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,シベリア南東部,朝鮮半島,中国
 
写真(上):クロシタアオイラガ幼虫
クロシタアオイラガ幼虫
説明
成虫の開張23-30mm。前翅は淡緑色で基部と外縁に茶褐色の模様。老熟幼虫は体長18mm程度。体表に円錐状の突起が多数ある。これには毒棘が生えており,ふれると激しい痛みをもたらす。幼虫はクヌギ,サクラ,ウメ,クリ,ケヤキなどを食害する。年2化で成虫は5〜6月,8〜9月に出現する。若齢幼虫は群れて用面全体をなめるように食害するが,成長に伴い分散し,葉縁から食べる。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ