森林生物 クロスズメ


和名:クロスズメ
学名:Hyloicus caligineus Butler
    チョウ目,スズメガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,朝鮮半島
 
写真(上):クロマツを食害するクロスズメ幼虫
クロマツを食害するクロスズメ幼虫
説明
成虫の開張60〜80mm。前翅は暗灰色で,濃褐色の短い縦条があり,後翅は濃褐色。腹部背面に茶褐色の縦線。老熟幼虫は体長約65mm。緑色の体色で,背面と側面に白と褐色の縦線を持つ。アカマツ,クロマツ,エゾマツなどの針葉を食害する。年2化で成虫は5〜6月,7〜8月に発生。卵は針葉に1個ずつ産卵される。老熟した幼虫は落下して土中や落葉内で蛹化する。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ