森林生物 アケビコノハ


和名:アケビコノハ
学名:Adris tyrannus Guenee
    チョウ目,ヤガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄本島,石垣島,西表島,中国,台湾,マレーシア,インド
 
写真(上):ムベ上のアケビコノハ幼虫
ムベ上のアケビコノハ幼虫
説明
成虫は開張95〜100mm。幼虫の体長は75mm程度で円筒形だが,腹部前方を上方に湾曲させて頭部を下方に曲げ,尾端を高く持ち上げる独特の姿勢で静止している。幼虫は全体に暗橙褐色で,第二,第三腹節の側方に大きな丸い模様(眼状紋)がある。特に前方の模様は「目」そのものであり,独特の静止姿勢とあいまって,体の前半全体が巨大な頭部であるかのように見える。成虫で越冬し,7〜8月に新成虫が見られる。幼虫はムベ,アケビなどの葉を食べるが,成虫はナシ,モモなど様々な果実に口吻を刺して吸汁し害を与える。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ