森林生物 ウンモンスズメ


和名:ウンモンスズメ
学名:Callambulyx tatarinovii gabyae Bryk
    チョウ目,スズメガ科
分布:本州,四国,九州
 
写真(上):ウンモンスズメ成虫
ウンモンスズメ成虫
説明
成虫の開張65〜80mm。生時は前翅が美しい緑色を帯びるが,死後は色があせる。成虫は5〜8月に発生する。幼虫はケヤキ,ハルニレ,アキニレなどの葉を食し,越冬は蛹で土中にて行う。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ