森林生物 エンジュヒメハマキ


和名:エンジュヒメハマキ
学名:Cydia trasias Meyrick
    チョウ目,ハマキガ科
分布:北海道,本州,中国
 
写真(上):エンジュヒメハマキ成虫
写真(下):イヌエンジュ小枝内のエンジュヒメハマキ老熟幼虫
エンジュヒメハマキ成虫
説明
成虫は開張14mm。日本では1982年,初めて発見された新梢害虫。中国ではエンジュやシダレエンジュの重要害虫となっている。幼虫はエンジュまたはイヌエンジュの小枝に食入して加害する。冬芽から侵入した幼虫は枝の中心にそって2〜3cmの坑道を作り,加害部から虫糞と木くずを出す。老熟した幼虫は講堂入り口のそばに,糸でできた蓋をして蛹化する。羽化は4〜5月,7〜8月の2回。
イヌエンジュ小枝内のエンジュヒメハマキ老熟幼虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ