森林生物 オカモトトゲエダシャク


和名:オカモトトゲエダシャク
学名:Apochima juglansiaria Graeser
    チョウ目,シャクガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,シベリア南東部
 
写真(上):オカモトトゲエダシャク幼虫
オカモトトゲエダシャク幼虫
説明
成虫の開張約40mm,静止時には前翅を上方に,後翅を腹に沿って縮める姿勢をとる。幼虫の体長は35〜38mmで,胴部は黒褐色ないし暗褐色で,胸部,腹部の背面には大きな白い部分がある。幼虫は静止のさい,前半身を腹方に丸める特徴的な姿勢をする。クルミ,ブナ,ニレ,バラ,マメなど多くの植物の葉を加害する。幼虫は5月に老熟し,土中に潜って蛹化後,翌春に出現する。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ