森林生物 サザナミスズメ


和名:サザナミスズメ
学名:Dolbina tancrei Staudinger
    チョウ目,スズメガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,石垣島,西表島,シベリア南東部,朝鮮半島,中国北東部
 
写真(上):キンモクセイ上のサザナミスズメ幼虫
キンモクセイ上のサザナミスズメ幼虫
説明
成虫の開張50〜80mm。幼虫の体長は約70mmで,体は黄緑色で頭部はやや濃い。7本の黄白色の斜条があり,その前縁は能力。また斜条の腹側はは淡い紫色の三角形となる。幼虫はモクセイ,イボタノキ,トネリコ,ヒイラギ,ネズミモチなどモクセイ科樹木の葉を食べる。幼虫は6〜7月と9〜10月に見られる。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ