森林生物 シャチホコガ


和名:シャチホコガ
学名:Stauropus fagi persimilis Butler
    チョウ目,シャチホコガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島
 
写真(上):クヌギ上のチャチホコガ幼虫
クヌギ上のチャチホコガ幼虫
説明
成虫は開張50〜60mmの普通の形をしたガだが,幼虫が特異な形をしているので有名。幼虫は体長約45mmで黄褐色,中・後胸脚は顕著に長い。静止するときは,胸脚を折りたたみ,頭胸部と尾端を背中側であわせるようにするため,このためシャチホコのように見える。幼虫に触れると長い胸脚をふるわせるという。幼虫はクリ,コナラ,クヌギ,ハンノキ,クルミ,サクラ,ミズキ,ハギ,ヤナギなど種々の広葉樹の葉を食べる。年2回発生で,幼虫は5〜7月,および9月頃見られる。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ