森林生物 ツガカレハ


和名:ツガカレハ
学名:Dendrolimus superans Butler
    チョウ目,カレハガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,クリール,シベリア東部,サハリン
 
写真(上):ツガカレハ成虫
写真(下):ツガカレハ幼虫
ツガカレハ成虫
説明
成虫の開張50〜80mm,全体茶色。幼虫の体長は70〜80mmの大型の毛虫でマツカレハによく似ている。年1化で成虫は7〜8月に出現。幼虫は11月頃地面におりて越冬,翌春再び木に登って食害する。幼虫はトドマツ,エゾマツ,モミ,トウビ,ツガ,ヒマラヤスギなどの葉を食べ,北海道では重要な森林害虫として知られる。
ツガカレハ幼虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ