森林生物 ハラアカコブカミキリ


和名:ハラアカコブカミキリ
学名:Moechotypa diphysis Pascoe
    コウチュウ目,カミキリムシ科
分布:本州,四国,対馬,壱岐
 
写真(上):交尾中のハラアカコブカミキリ(下が雌)
写真(下):ほだ木を後食中のハラアカコブカミキリ成虫
交尾中のハラアカコブカミキリ(下が雌)
説明
成虫の体長15〜30mm,体表正面は黒褐色と淡赤褐色の微毛で覆われる。鞘翅基部近くに黒褐色の長毛を密生した一対のこぶがある。腹面には赤色の斑がある。本種はもともとは国内では対馬のみに生息していたが,1970年代から九州本土での定着が見られるようになった。年1化で,成虫越冬。クヌギ,コナラ,アベマキなどの伐採木や枯れ木に産卵し,幼虫が材内を食う。シイタケのほだ木の害虫として有名である。
ほだ木を後食中のハラアカコブカミキリ成虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ