森林生物 ホシベニカミキリ


和名:ホシベニカミキリ
学名:Eupromus ruber Dalman
    コウチュウ目,カミキリムシ科
分布:本州,伊豆大島,伊豆新島,伊豆式根島,淡路島,隠岐島,四国,九州,対馬,壱岐,屋久島,口永良部島,台湾,中国
 
写真(上):タブノキ上のホシベニカミキリ成虫
写真(下):ホシベニカミキリの産卵痕(タブノキ)
タブノキ上のホシベニカミキリ成虫
説明
成虫の体長18〜25mm,体は黒色だが,鞘翅は鮮紅色で大小の黒紋がある。通常2年1世代。成虫越冬。越冬明けの成虫はタブノキの緑枝や針葉を後食する。伊豆半島での記録では産卵は6月下旬〜7月上旬に最も多い。産卵は特徴的で,おもにタブノキの樹皮を長円形状にぐるりと辺材部までかみ切り,円内の樹皮下に産卵する。幼虫は坑道の随所に虫糞孔を作って,木くずや糞を排出する。
ホシベニカミキリの産卵痕(タブノキ)

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ