森林生物 マエキオエダシャク


和名:マエキオエダシャク
学名:Plesiomorpha flaviceps Butler
    チョウ目,シャクガ科
分布:本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島,奄美大島,沖永良部島,沖縄本島,石垣島,西表島,台湾,中国,インド
 
写真(上):イヌツゲ上のマエキオエダシャク幼虫
写真(下):マエキオエダシャク蛹
イヌツゲ上のマエキオエダシャク幼虫
説明
成虫の開張23〜26mm。幼虫は体長約25mm,後胸から第一腹節にかけて顕著に太く,前方にいくに従って狭まる。胴部は灰褐色の地に,黒褐色の班をまとう。成虫の出現は4月と6〜8月の2回。1回目の幼虫は6〜7月に成熟し,また2回目の幼虫は9月下旬以降に蛹化して越冬する。イヌツゲを食害する。
マエキオエダシャク蛹

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ