森林生物 ムラサキイラガ


和名:ムラサキイラガ
学名:Austrapoda dentata Oberthur
    チョウ目,イラガ科
分布:本州,四国,九州,シベリア南東部
 
写真(上):ムラサキイラガ幼虫
ムラサキイラガ幼虫
説明
成虫は開張約25〜33mm,全体褐色〜黒褐色。幼虫は体長15mm程度,体は扁平で緑色。体表に短い毛があるが,無毒。成虫は6〜7月と8〜9月の2回発生。繭で越冬。クヌギ,サクラ,クリ,ヤナギなどを食害する。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ