森林生物 モンシロドクガ


和名:モンシロドクガ
学名:Euproctis similis Fuessly
    チョウ目,ドクガ科
分布:北海道,本州,四国,九州,クリール諸島,シベリア南東部,朝鮮半島,ヨーロッパ
 
写真(上):モンシロドクガ成虫
写真(下):モンシロドクガ幼虫
モンシロドクガ成虫
説明
成虫は開張24〜39mm,体は純白で前翅後縁に2つの黒褐色紋があるのが普通。幼虫は体長25mm程度で,黒色,背面に幅広の橙黄色帯が走る。年に数回発生し,良い宇宙は6〜7月および8〜9月に見られる。幼虫はウメ,ナシ,サクラ,リンゴなどバラ科,およびクヌギ,コナラ,クリなどブナ科樹木の葉を食べる。
モンシロドクガ幼虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ