森林生物 ヤナギドクガ


和名:ヤナギドクガ
学名:Leucoma salicis Linnaeus
    チョウ目,ドクガ科
分布:北海道,本州,旧北区
 
写真(上):ヤナギドクガ成虫
写真(下):ヤナギドクガ成虫の幼虫
ヤナギドクガ成虫
説明
成虫は開張40〜50mm,体全体は光沢のある白色。幼虫は体長約50mmで,胴部の背面に黄白色の縦帯が走り,各節に赤いコブがある。年1回発生。卵越冬し,4〜5月に孵化,老熟幼虫は葉をつづって蛹化し,成虫は6〜8月に出現する。樹幹に卵塊で産卵する。幼虫はヤナギ,ドロノキ,ヤマナラシなどの葉を食害し,しばしば大発生する。
ヤナギドクガ成虫の幼虫

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ