森林生物 リンゴケンモン


和名:リンゴケンモン
学名:Triaena intermedia Warren
    チョウ目,ヤガ科
分布:北海道,本州,アムール,サハリン,朝鮮半島,中国中央部,東アジア
 
写真(上):ウメ上のリンゴケンモン幼虫
ウメ上のリンゴケンモン幼虫
説明
成虫は開張45〜50mm,前翅は灰白色で黒い剣状紋がある。幼虫は体長約45mm,胴部は黒色で背面と側面に橙黄色の帯が前後に走る。体全体に長毛がある。本州以西での発生は年2回。1回目の成虫は5月頃,2回目は7月頃発生する。越冬は樹皮の割れ目などに作られた繭ないでなされる。幼虫はサクラ,リンゴ,ナシ,ヤナギなどの樹木の葉を食害する。

森林総合研究所  森林生物情報トップへ  データ一覧へ