シイタケ 品種のDNA 判別法
(DNA typing of Commercial Shiitake Varieties using IGS1 DNA sequencing)


目的
シ イタケ栽培品種の育成者権の保護強化のため、効率良く品種判別する方法を開発しました。

日本の栽培シイタケ 133品種と野生菌株21菌株を特定するIGS1-DNA情報をDDBJ/EMBL/Genbank上で公開しました。
 IGS1情報の詳細

 シイ タケ品種のIGS1-DNA情報のAccession番号はAB251643-AB251805 (163連番)
 野生シイタケの IGS1-DNA情報のAccession番号はAB250702-AB250724 (23連番)
IGS1-DNA情報が分かればシイタケの品種名をインタネットで調べることが可能となりま した。
照 合法の概図 照合の例

go to bottom

  • シイタケ品種や菌株のIGS1シーケンスを登録公開しました。

stratagy & tactics
internet collating jp
Shiitake Varieties IGS1-1shiitake Varieties IGS1-2
  • インターネット上でBlastやAlignmentソフトを利用すれば、日本の市販 品種はもとより、輸入シイタケや海外市場で販売 されているシイタケの品種名をIGS1-DNAシーケンスから推定できます。(下図は、INRAのMultalinソフト*を用いて海外のシイタケ(赤 字)と 日本の品種(黒字)を照合した例です。)   to top

Collating of Imported Shiitake
*:http://bioinfo.genopole-toulouse.prd.fr/multalin/
to top


その他:
本研究の一部は「食品の安全性及び機能性に関する総合研究」(農林水産省農林技術会議 事務局、独立行政法人・食品総合研究所)の委託課題として実施致しました。(きのこ微生物研究領域・きのこ研 究室)

関連文献:
馬場崎ら 輸入乾・生シイタケの系統判別.特産情報  42-45 (2003)
馬場崎  きのこの「表示」 林業技術 12-15 (2004)
馬場崎  きのこの原産地判別で指標となる品種情報をデータベース化. TechnoInnovation. 56:44-45 (2005)
馬場崎  キノコ類の系統判別法の検証 農林水産技術会議事務局 研究成果445 pp.97-104 (2008)


 to top
作成者:きのこ微生物研究領域・きのこ 研究室(平成19年5月14日作成)