森林総合研究所ホーム

        土壌資源研究室

土壌資源研究室では、土壌が持つ様々な性質や機能を資源と捉え、それらを広域で評価していくための研究を行っています。


森林土壌への炭素蓄積量の推定例
スタッフの紹介
研 究 内 容
主なプロジェクト
最近の業績
過去に在籍したメンバー
リンク
 
 
 
 
 
 
立地環境研究領域
- 土壌資源研究室
- 土壌特性研究室
- 養分環境研究室



スタッフ
石塚 成宏 室長
志知 幸治 主任研究員
橋本 昌司 主任研究員
山下 尚之 主任研究員
片柳 薫子 特別研究員
 
Topへ戻る

研究概要
森林土壌のもつ様々な機能を推定し、その資源的評価を行うことを目的とした研究を行っています。現在は、土壌の炭素貯留に関わる機能を評価するための基礎的研究と土壌の諸性質を広域評価するための方法について研究しています。ここで得られる成果は、より良い森林を育成し、管理していくための貴重な情報となります。
Topへ戻る

担当している主な研究課題(一部を分担しているものを含む)
森林と農地間の土地利用変化に伴う土壌炭素変動量評価とGHGインベントリーへの適用研究
放射性炭素で解き明かす下層土壌における炭素ダイナミクスの実態と環境変化応答
湿地生態系における樹木を介したメタン放出:変動要因の解明と系全体フラックスの推定
東南・東アジアの陸域生態系における大気汚染リスクの広域評価(酸性化と窒素飽和の臨界負荷量マップ)
森林放射性セシウム動態データベースの構築とマルチモデルによる将来予測
Topへ戻る

最近の業績
論文
2016
  • Katayanagi N., Fumoto T., Hayano M., Takata Y., Kuwagata T., Shirato Y., Sawano S., Kajiura M., Sudo S., Ishigooka Y., Yagi K. (2016) Development of a method for estimating total CH4 emission from rice paddies in Japan using the DNDC-Rice model. Science of The Total Environment, 547, 429-440 リンク
  • Yamashita N., Sase H., Ohizumi T., Kurokawa J., Ohara T., Morino Y., Kuribayashi M., Ohta S., Kaneko S., Hayashi K., Fukuhara H., Hakamata T. (2016) Mapping the relative risk of surface water acidification based on cumulative acid deposition over the past 25 years in Japan. Journal of Forest Research, 21, 115-124
  • Tupek, B., C. A. Ortiz, S. Hashimoto, J. Stendahl, J. Dahlgren, E. Karltun, A. Lehtonen (2016) Underestimation of boreal soil carbon stocks by mathematical soil carbon models linked to soil nutrient status. Biogeosciences, 13, 4439-4459. doi:10.5194/bg-13-4439-2016
2015
  • 石塚成宏、稲垣昌宏、釣田竜也、今矢明宏、浅野志穂(2015)2011年新燃岳噴火による火山噴出物および土壌の諸性質の経時変化について、森林立地、57(1)、19-31
  • Kazuhiko Terazawa, Kenji Yamada, Yasuyuki Ohno, Tadashi Sakata, Shigehiro Ishizuka(2015)Spatial and temporal variability in methane emissions from tree stems of Fraxinus mandshurica in a cool-temperate floodplain forest, Biogeochemistry, 123, 349-362.
  • Hashimoto, S., N. Carvalhais, A. Ito, M. Migliavacca, K. Nishina, and M. Reichstein (2015) Global spatiotemporal distribution of soil respiration modeled using a global database. Biogeosciences, 12, 4121-4132.doi: 10.5194/bg-12-4121-2015
2014
  • Ishizuka, S., K. Kawamuro, A. Imaya, A. Torii and K. Morisada (2014) Latitudinal gradient of C4 grass contribution to Black Soil organic carbon and correlation between δ13C and the melanic index in Japanese forest stands, Biogeochemistry, 118, 339-355. doi:10.1007/s10533-013-9936-z
  • 大貫靖浩、吉永秀一郎、釣田竜也、荒木誠、伊藤江利子、志知幸治、松浦陽次郎、小野賢二、岡本透(2014)桂試験地における土層厚の分布と土壌物理特性. 森林総合研究所研究報告 13, 43-59. PDF(オープンアクセス)
  • 志知幸治(2014)5講:地史的・歴史的変遷―森はどのように変化してきたのか?. 日本森林学会監修 教養としての森林学. 文永堂出版, 東京, 47-53.
  • Nanko, K., S. Ugawa, S. Hashimoto, A. Imaya, M. Kobayashi et al. (2014) A pedotransfer function for estimating bulk density of forest soil in Japan affected by volcanic ash. Geoderma, 213: 36-45. doi: 10.1016/j.geoderma.2013.07.025
  • Tokida T., NakajimaY., Hayashi K., Usui Y., Katayanagi N., Kajiura M., Nakamura H., Hasegawa T. (2014) Fully automated, high-throughput instrumentation for measuring the δ13C value of methane and application of the instrumentation to rice paddy samples. Rapid Communications in Mass Spectrometry, 28, 2315-2324 リンク
Topへ戻る

過去に在籍したメンバー(1990年代半ば以降)
小林 繁男 元室長、京都大学教授
太田 誠一 元室長、JIFPRO、前京都大学教授
森貞 和仁 元室長、九州支所長
荒木 誠 元室長、温暖化推進拠点長
松浦 陽次郎 元室長、国際研究推進拠点室長
三浦 覚 元室長、東京大学准教授
田中 永晴 立地環境研究領域チーム長
酒井 寿夫 四国支所グループ長
古澤 仁美 立地環境研究領域チーム長
池田 重人 立地環境研究領域チーム長
酒井 正治 立地環境研究領域契約職員
藤本 潔 南山大学教授
稲垣 善之 四国支所主任研究員
小野 賢二 東北支所主任研究員
伊藤 江利子 北海道支所主任研究員
今矢 明宏 立地環境研究領域主任研究員
大貫 靖浩 立地環境研究領域土壌特性研究室長
鵜川 信 鹿児島大学農学部
酒井 佳美 九州支所グループ長
 
Topへ戻る

リンク
森林土壌博物館
森林土壌の炭素蓄積量調査--林野庁森林吸収源インベントリ情報整備事業
Topへ戻る
領域のページへ戻る