ホーム > 研究紹介 > トピックス > ニュース > ニュース 2016年 > 国立科学博物館 企画展「花粉と花粉症の科学」への展示協力をしています。

更新日:2016年12月13日

ここから本文です。

国立科学博物館 企画展「花粉と花粉症の科学」への展示協力をしています。

この催しは、花粉問題対策事業者協議会(JAPOC)が共催しており、JAPOC会員の森林総合研究所では、花粉の生成・飛散における対策として、花粉飛散予測、少花粉スギ品種の育種、無花粉スギの遺伝子、カビ・きのこによる花粉飛散防止、に関する研究紹介を行っています。

また期間中に、市民向けにやさしく解説をしたJAPOCカンファレンスが4回開かれます。

詳しくは、国立科学博物館のホームページ(外部サイトへリンク)

JAPOCカンファレンスの内容確認・申し込みは、JAPOCのホームページ(外部サイトへリンク)にお願いします。

開催期間

平成28年12月23日(金曜日・祝日)~平成29年3月20日(月曜日・祝日)(休館日にご注意ください)

場所

名称:国立科学博物館 日本館1階 企画展示室

住所:東京都台東区上野公園7-20

ホームページ:国立科学博物館(外部サイトへリンク)

費用

入館料として、一般・大学生620円が必要です。

主催・共催等

<主催>国立科学博物館、花粉問題対策事業者協議会(JAPOC)

企画展サイトへはこちらから(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

研究ディレクター(生物機能担当) 河原 孝行

電話番号 : 029-829-8216 (直通)

E-mail: kaba@ffpri.affrc.go.jp

 

「花粉と花粉症の科学」開催案内ポスター
開催案内ポスターはこちらから(PDF:1,705KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。