ホーム > 研究紹介 > トピックス > ニュース > ニュース 2021年 > 「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」~福島の森と木の親子体験オンライン教室2021~の開催

更新日:2021年10月6日

ここから本文です。

「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」
~福島の森と木の親子体験オンライン教室2021~の開催

森林総合研究所では、東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射性物質の影響を受けている森林・林業の再生を図るため、森林内の放射性物質の動態把握や林業再生に向けた技術の実証などに取り組んでいます。
林野庁が主催のこのシンポジウムは、これまでに得られた知見や成果などを地域や都市住民の皆様に分かりやすく伝え、福島の森林の現状について理解を深めていただくために、平成26年度から毎年度開催しているものです。
昨年度に続き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、オンラインでの開催となりました。

ライブ配信では、当所の篠宮 佳樹(震災復興・放射性物質研究拠点長)、小松 雅史(きのこ・森林微生物研究領域主任研究員)がプログラム「福島の森のハカセになろう」で、鳥取大学の北先生とともに霧箱実験、木材・土・葉の放射線量測定実験を行います。

シンポジウムを視聴するには、事前の申し込みが必要です。
下記、一般社団法人全国林業改良普及協会(全林協)のウェブサイトよりフォームを利用してお申し込みください。
全林協 http://www.ringyou.or.jp/hukyu/detail_1685.html

「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」オンライン教室2021開催案内のチラシ(PDF:3,285KB)

開催日時及び会場

日時:2021年11月13日(土曜日)14時00分~15時45分

会場:南中野区民活動センターよりライブ配信(参加者は自宅のパソコン等から参加。参加費・配信視聴無料)

主催・共催等

主催:林野庁

後援:福島県、郡山市、東京都中野区

内容

(1)プログラム1「福島の森のハカセになろう」
霧箱実験、木材・土・葉の放射線量測定実験を行います。
講師:鳥取大学研究推進機構研究基盤センター 北 実氏
国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 篠宮 佳樹、小松 雅史

(2)プログラム2「森と木に親しもう」
福島で育っている木の特長や魅力を紹介します。
講師:田人林業研究会 緑川 平隆氏
下條 真輝氏

(3)プログラム3「森のめぐみ なめこ収穫」
なめこの収穫体験を行います。
講師:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 篠宮 佳樹、小松 雅史

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844

Email:kouho@ffpri.affrc.go.jp